光線療法の歴史


1700年代後半 オーストリア、フランスなどで日光療養所が開設される
1854年 ナイチンゲール(イギリス)がクリミヤ戦争の際、戦傷病兵に対して日光療法を用い成果をあげる
<しかし日光療法は天候・時間・季節・場所などの制約が多く、後に課題を残すことになる>
1893年 フィンゼン(デンマーク)が太陽光線と同じ連続スペクトルを放射するカーボンアーク灯を考案する (後にノーベル生理学・医学賞を受賞する)
<これが光線療法の始まりであり、これを皮切りに光線療法は世界中に広がる>
1903年 東京大学皮膚科にて日本で初めてカーボンアーク灯による光線療法を開始する
<しかし機器の取り扱いが容易でなく、一部専門家に普及するにとどまる>

光線治療器は60年前からほとんど研究、改良されることなく現在に至っています。治療法も腰痛なら腰に照射、膝が痛いと膝に照射し、アトピーなら目に見えている患部に照射という事で実際に緩和はしても完治には至ることは困難です。 しかし、光線療法研究所では太陽光線の力で病気や障害が治らないはずはないと強く信じ、40年前より研究を開始しました。

若木式光線療法の歴史(40年)
1970年 光線療法の研究に着手
1989年 利き腕照射療法の発見(「若木式光線療法の特徴と原理」参照)
1989年 家庭用光線治療器の開発に着手 開発目標:コンパクトでハイパワー
1996年 若木式光線治療器“バリブル”完成
1996年8月 厚生省認可取得医療用具製造承認 20900BZZ00264000 兵用 第213号
2000年10月 高出力カーボン(9.2mm)完成  治療効果が大幅に改善される
2001年2月 特許庁より<光線治療器> 発明特許取得特許第3154042号
2008年2月 厚生労働省より、新型バリブル 医療機器製造販売承認を取得
承認番号 22000bzx01543000

特許証


若木式(わかきしき)光線治療器バリブル日本ヘ ルスファームのサイトから購入していただくことができます